眼精疲労は温めるの?冷やすの?

眼精疲労は温めるの?冷やすの?

目が疲れた時に、よく目薬を差しますよね。

冷たくてシャキッとします。

疲れが一瞬取れたような気もしてとても気持ちいいものです。

目が疲れた時に温度というのは実は関係あるようです。

目が疲れる時というのは、疲労物質が目にたまってきて実感するようです。

その疲労物質は血流が悪くなるとたまってくるので、蒸しタオル等で温め、血流を良くしてあげると、目の疲れは取れやすいそうです。

一方冷やすという行為ですが、疲労物質の働きをおさえてくれるので、一時的に楽になるようです。

眼精疲労にどちらが有効かというと、どちらもそれぞれ効くような気がしますので、状況に合わせて使い分けてもいいかもしれませんね。

仕事などで、一時的に楽になりたいということであれば冷やしてみて、自宅にいてリラックスしたい時に、温めてあげると眼精疲労にもなりにくいのではと思います。

それぞれ効果が違いますので、そのいいところを利用するのがいいかもしれません。

入浴時にタオルをまぶたの上におくと、じわっと気持ちいいですものね。

眼精疲労に効く食べ物

眼精疲労で悩んでいる人も、そうでない人も、目が良い状態というのは理想であると思います。

メガネやコンタクトレンズで矯正しない生活というのはうらやましいと思います。

眼精疲労というのは、目を酷使する日常生活からなるものですが、少しでも緩和させるために、食べ物にも注意したいと思います。

私たちの口にする食べ物には、お腹を満たしてくれるだけでなく、身体を元気にしてくれる要素がたくさん含まれています。

目に良い食べ物をとって、目を元気にさせたいですよね。

目に良い食べ物の栄養素というと、ビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、タンパク質、炭水化物、脂肪などです。

眼精疲労の原因

これらをたくさん含んでいるのが、緑黄色野菜、レバー、貝類、卵黄、ごまなどだそうです。

これらを毎日とるのは少し難しいですが、意識してとりたいものですよね。

食事というのは一日三食が基本ですから、偏食や外食に頼りすぎないように、大事な栄養素をとっていきたいと思います。